プログラマのための論理パズル―難題を突破する論理思考トレーニング

個数:
電子版価格 ¥2,640
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

プログラマのための論理パズル―難題を突破する論理思考トレーニング

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年07月15日 08時56分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 242p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784274067556
  • NDC分類 410.79
  • Cコード C3055

目次

第1部 マインド・ゲーム(競争:みなが勝者になれるわけじゃない;デザイン:想像力に導かれて…;チャンス:真の幸運を掴め;推論:何を考えているの?;最適化:Doing more with less)
第2部 パズルには何が隠されているか(年齢並べ;都市計画;時間どおりに仕事を終わらせるには?;宝の在処をピクチャリング;SUDOKU ほか)

著者等紹介

吉平健治[ヨシヒラケンジ]
1996年東京大学工学部卒。在学中に、孫泰蔵氏(孫正義氏の実弟)と共にYahoo!Japan創業時の技術支援を行う。卒業後は日立製作所にてエンタープライズサーバの設計開発に従事し、その後金融情報配信サービスを提供する企業を立ち上げCTOを務める。2002年に渡米し、ニューヨーク大学大学院にてコンピュータサイエンス修士号を取得後、現在はニュージャージー州プリンストンにある民間の研究所にて分散自律コンピューティングの研究に勤しむ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

Microsoftや Googleでは、プログラマの採用試験でパズルを使うことが一般的である。現実の問題を解く際にも、パズルで養われる思考法が役立つからだ。優秀な学生を輩出しているニューヨーク大の Shasha教授が、実際に講義で使ったパズルを通して、パズル的思考方法を教える。