明治大学人文科学研究所叢書<br> 歌の原初へ―宮古島狩俣の神歌と神話

個数:
  • ポイントキャンペーン

明治大学人文科学研究所叢書
歌の原初へ―宮古島狩俣の神歌と神話

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 372p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784273037529
  • NDC分類 164.199

内容説明

村立ての原初に回帰する。神歌をくり返すことで豊穣の世界が現前する。1997年の冬から中断している狩俣のウヤガン祭、その神祭りを通じて築いた人々との交流から生まれた論文・調査報告・エッセーを社会にお返しする、祭祀や神歌・神話の大きな価値を伝える書。

目次

第1章 神歌と神話(狩俣の祭祀と神歌体系―タービ・フサ・ニーラーグの様式から;ユーヌヌス神話と神歌 ほか)
第2章 神歌の表現(タービの叙事構造―「フニンダギツカサのタービ」を中心に;シダティムトゥのタービ四種―女性神役ユーヌヌスからの聞き取りを通して ほか)
第3章 神歌の現在(神話の生成 神話の森―宮古島狩俣の祭祀から;狩俣の伝承世界とアーグ ほか)
第4章 神歌のゆくえ 他(樹に成った神女;神歌のゆくえ ほか)

著者紹介

居駒永幸[イコマナガユキ]
昭和26年山形県生まれ。昭和54年國學院大學大学院文学研究科博士後期課程満期退学。現在、明治大学教授。博士(文学)。専攻は日本古代文学。著書『古代の歌と叙事文芸史』(笠間書院、平成15(003)年、第20回志田延義賞受賞)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)