岡本かの子 短歌と小説―主我と没我と

個数:
  • ポイントキャンペーン

岡本かの子 短歌と小説―主我と没我と

  • 外村 彰【著】
  • 価格 ¥8,424(本体¥7,800)
  • おうふう(2011/03発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 156pt
  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 282p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784273036355
  • NDC分類 910.268

目次

第一篇 短歌(短歌論・序説―自己表現に執した誠直な歌ひと;前期短歌の内面表出―『かろきねたみ』から『愛のなやみ』へ;『浴身』の自意識像―「われ」と「おのづから」の交感 ほか)
第2篇 小説(「過去世」「家霊」―“家”を継ぐ女性;「老妓抄」―発明と家出の意味するもの;「鮨」―「時」を超える母の鮨 ほか)
第3篇 補説(「鶴は病みき」「巴里祭」「鮨」「やがて五月に」―小論四篇;かの子文学と“京都”―旅の所産と古典受容から;岡本かの子の人物印象)

著者紹介

外村彰[トノムラアキラ]
昭和39年、滋賀県生まれ。立命館大学大学院博士後期課程修了。博士(文学)。日本近代文学専攻。現・国立呉工業高等専門学校准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)