色彩語の史的研究

個数:
  • ポイントキャンペーン

色彩語の史的研究

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 468p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784273036164
  • NDC分類 814

目次

第1章 色彩語彙の変遷(古代の色彩語彙;中世の色彩語彙 ほか)
第2章 意味・用法から見た基本色彩語史(シロ;クロ ほか)
第3章 色彩語の派生をめぐって(色彩語彙形成論;「あか」の派生語をめぐって―「あからむ」「明るし」などとの関係で ほか)
第4章 色彩語の諸問題(古代文化における「かさね」の色彩語彙;主要染物関係版本における色彩語彙 ほか)
資料編(色彩語一覧;奈良・平安時代共通色彩語彙 ほか)

著者紹介

沖森紅美[オキモリクミ]
中国河南省生まれ。1989年河南大学外国語学部日本語科卒業。94年北京外国語大学日本学研究センター修士課程修了。2000年立教大学大学院修了。博士(文学)。現在、立教大学ランゲージセンター教育講師。(旧姓:蘇紅)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)