川端康成作品論集成〈第4巻〉雪国

個数:
  • ポイントキャンペーン

川端康成作品論集成〈第4巻〉雪国

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 356p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784273035747
  • NDC分類 910.268

目次

文芸時評 文学と方法―川端氏の「徒労」に就て(青野季吉)
雪国一〔抄〕(長谷川泉)
座談会新文学観確立のために特輯〔抄〕(浜野健三郎・石川利光・十返一・対馬正・渋川驍・柳町健郎・石光葆・寺門秀雄・牧屋善三)
川端康成論1〔抄〕(中村光夫)
雪国〔抄〕(林武志)
救済としての文学―『雪国』とその仏訳について(中山眞彦)
『雪国』における自然(羽鳥徹哉)
川端康成『雪国』(鶴田欣也)
括り出された“日本”―『雪国』と『旅愁』について(栗坪良樹)
川端康成と遺稿『雪国抄』〔抄〕(平山三男)〔ほか〕

著者紹介

羽鳥徹哉[ハトリテツヤ]
成蹊大学名誉教授

林武志[ハヤシタケシ]
二松学舎大学教授

原善[ハラゼン]
元武蔵野大学教授

片山倫太郎[カタヤマリンタロウ]
鶴見大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)