説得学―交渉と影響の理論とテクニック

  • ポイントキャンペーン

説得学―交渉と影響の理論とテクニック

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 554p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784273035686
  • NDC分類 361.45

目次

「態度」「説得」「影響」
説得によらない影響力
説得のための環境づくり
効果的な説得者―送り手の要因
議論の構成と呈示方法―従来から知られているテクニック
議論の構成と呈示方法―筆者らが発見・命名したテクニック
説得されやすい人々―受け手の要因
説得への抵抗
逆方向への意見変容―ブーメラン効果
組織
普及
マスコミ報道の影響
説得・影響テクニック分類:説得遂行のプログラム

著者紹介

榊博文[サカキヒロブミ]
慶應義塾大学文学部教授。日本説得交渉学会会長。社会学博士。天津理工大学管理学部客員教授。成都理工大学情報メディア学部客員教授。慶應高校から慶應義塾大学経済学部を経て、慶應義塾大学院社会学研究科博士課程修了。米国スタンフォード大学留学。専門は社会心理学。主として効果的な説得戦略及びイノベーションの効果的な普及戦略に関する理論的・実証的研究に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)