源氏物語の史的回路―皇統回帰の物語と宇多天皇の時代

個数:
  • ポイントキャンペーン

源氏物語の史的回路―皇統回帰の物語と宇多天皇の時代

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 323p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784273035594
  • NDC分類 913.36

目次

序章
第1章 男踏歌と宇多天皇―『源氏物語』における“帝王”への回路
第2章 朝顔巻における「桃園の宮」―醍醐皇女の「桃園宮」を通して
第3章 『源氏物語』における式部卿任官の論理―先帝と一院の皇統に関する一視点
第4章 桐壼帝堕地獄説と『日蔵夢記』―延喜王堕地獄説話と“聖君”の論理
第5章 桐壼帝と玄宗と宇多天皇―「桐壼」巻における寛平準拠の視角
第6章 雲林院の律師―反復される仁明朝と明石物語の構造
第7章 桐壼更衣と藤壼宮―聖代回復の物語から

著者紹介

袴田光康[ハカマダミツヤス]
1964年仙台市生まれ。1996年明治大学二部文学部文芸学専攻卒業。1998年明治大学大学院文学研究科修士課程修了。2003年同博士課程単位取得退学。2007年博士(文学)取得。現在、明治大学古代学教育・研究センター研究推進員、明治大学文学部兼任講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)