日中対照研究 ヴォイス―自・他の対応・受身・使役・可能・自発

  • ポイントキャンペーン

日中対照研究 ヴォイス―自・他の対応・受身・使役・可能・自発

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 189p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784273034504
  • NDC分類 815

内容説明

本書は、誤用や非用が発生しやすい文法範疇の1つであるヴォイスを取り上げ、日本語と中国語とを、日本語学・日本語教育の立場から、比較対照した研究書である。

目次

序論 ヴォイスと日中対照
第1部 自・他の対応と日中対照(自・他の対応と日中対照;他動化と日中対照;他動化・使役化と日中対照;自動化と日中対照;自動化・受動化と日中対照;自動化と結果)
第2部 受身と日中対照(受身と日中対照;直接受身と日中対照;間接受身と日中対照;自動詞の受身と日中対照;語彙的受身と日中対照)
第3部 使役・可能・自発と日中対照(使役・可能・自発と日中対照;使役と日中対照―「サセル」・「テモラウ」・「ヨウ(ニ)」構文と“〓”構文
可能と日中対照―「ラレル」可能と“能/可以+V1V2”“V1+得/不+V2”
自発と日中対照―「ラレル」自発とそれに対応する中国語表現)
終論 ヴォイスと結果

著者紹介

中島悦子[ナカジマエツコ]
1990年日本女子大学大学院文学研究科日本文学専攻博士課程後期退学。1991年国士舘短期大学専任講師、助教授、教授を経て、2002年国士舘大学21世紀アジア学部教授。同学部教授および同大学大学院グローバルアジア研究科教授。専攻は日本語学、日本語教育(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)