菅江真澄の新研究

  • ポイントキャンペーン

菅江真澄の新研究

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 481p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784273034344
  • NDC分類 289.1

目次

序説
『天妃縁起』
矢根森八幡宮とその周辺
『胆吹遊草』
秀雄は故郷を語っている
父は白井秀順・母と弟
遠州・甲州・富士見の旅
『遊覧記』前後の作品
秀雄の学統
秀雄と曹洞禅
秀雄奥州の旅の有り様
真澄の歌賛寿像画
終説

著者紹介

白井永二[シライエイジ]
大正4年12月10日豊橋市花田町西羽田に生れる。昭和3年豊橋中学を経て、國學院大學國文學科に進み、昭和13年卒業。柳田國男・折口信夫に師事。志波彦・監竈神社に奉職。昭和18年鶴岡八幡宮に転任。同48年宮司拝命。神奈川県神社庁長、神社本庁役員を経て、平成元年神社本庁総長に選任される。平成9年鶴岡八幡宮宮司退任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)