新訳・太平記を読む〈第3巻〉京都合戦~後醍醐天皇崩御前後

個数:

新訳・太平記を読む〈第3巻〉京都合戦~後醍醐天皇崩御前後

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 165p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784273031831
  • NDC分類 913.435
  • Cコード C0093

内容説明

最初の元寇からくだること60余年。同じ鎌倉幕府のとき、南朝と北朝、そして武将と幕府をまきこんでの争乱を華麗に綴った軍記物語の現代語訳。

目次

尊氏叡山を攻める
熊野八庄司参戦する
叡山僧の内応
八王子権現のご神託
足利方の敗走と高師重の斬首
洛中二度の合戦
山門より南都へ牒を送る
四条隆資の京洛攻め
新田義貞の洛中合戦及長年の討死
江州での合戦〔ほか〕

著者等紹介

安井久善[ヤスイヒサヨシ]
大正14年1月愛知県に生まれる。昭和24年3月日本大学法文学部国文科卒業。昭和35年4月防衛大学校助教授。昭和40年4月日本大学助教授。昭和45年4月日本大学教授(文学博士)。平成元年4月いわき明星大学教授(平成9年3月退職)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。