公正中立がメディアを殺す

個数:
  • ポイントキャンペーン

公正中立がメディアを殺す

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月09日 16時49分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 203,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784272790432
  • NDC分類 070.21

内容説明

メディアの現場からジャーナリズムの存在を問いかける。

目次

1 憲法が保障する表現の自由とメディアの公正中立報道(安倍政権のメディア介入 求められる報道人の覚悟;表現の自由の危機 安倍政権の放送規制強化を糾弾する;報道における「公正」 追求理念としての確立へ;番組編集準則と放送の自由)
2 メディアの現場はどうなっている(安倍政権 テレビ介入の系譜;メディアの現場で何が起きているか;政権の広報機関に墜した籾井会長体制とNHKの課題;NHKと安倍政権 会長と永田町、因縁のものがたり;報道圧力に抗う 基地の島・沖縄から問う民主主義と言論の自由;安保法案国会審議 テレビ11ニュースはどう伝えたか(2015年5月11日~9月27日))

出版社内容情報

現職総務大臣からの放送法による電波停止を示唆する発言が物議を巻き起こしている。現場から状況を解き、報道陣に覚悟を問う。

現職総務大臣からの放送法による電波停止を示唆する発言が物議を巻き起こしている。憲法21条の下、放送法は放送による表現の自由を目的としている。こうした状況をメディアの現場から解き、報道人に覚悟を問う。

?T 憲法が保障する表現の自由とメディアの公正中立報道
1.安倍政権のメディア介入―求められる報道陣の覚悟(原 寿雄)
2.表現の自由の危機―安倍政権の放送規制強化を糾弾する(松田 浩)
3.報道における「公正」―追求理念としての確立へ(石川 旺)
4.番組編成準則と放送の自由(西土 彰一郎)

?U メディアの現場はどうなっている
5.安倍政権―テレビ介入の系譜(砂川 浩慶)
6.メディアの現場で何が起きているか(岩崎 貞明)
7.政権の広報機関に墜した籾井会長体制とNHKの課題(小田桐 誠)
8.NHKと安倍政権―会長と永田町、因縁のものがたり(永田 浩三)
9.報道圧力に抗う―基地の島・沖縄から問う民主主義(松元 剛)
10.安保法案国会審議―テレビ11ニュースはどう伝えたか(放送を語る会)

年表(2012年~2016年)安倍政権とメディア

【著者紹介】
HASH(0x3955a18)