死の自己決定権のゆくえ―尊厳死・「無益な治療」論、臓器移植

個数:
  • ポイントキャンペーン

死の自己決定権のゆくえ―尊厳死・「無益な治療」論、臓器移植

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月30日 14時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 229p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784272360697
  • NDC分類 490.15
  • Cコード C0036

内容説明

安楽死、自殺幇助、治療の強制終了…世界中で合法化がすすむ戦慄の事実。

目次

第1章 死の自己決定権をめぐる議論(日本の尊厳死議論;安楽死・自殺幇助が合法化された国や地域)
第2章 「無益な治療」論と死の決定権(医療側の決定権;「意識がある」ことの発見;それは臓器移植へとつながっていく)
第3章 いのちの選別と人間の尊厳(科学万能主義とグローバル経済;医療と障害のある人びと;社会で支えるという視点;いのちへの畏怖と祈り)
資料 尊厳死法案

著者等紹介

児玉真美[コダママミ]
1956年生まれ。京都大学卒業。米国カンザス大学にてマスター取得。英語の教師(高校、大学)として勤務の後、現在、翻訳・著述業。長女に重症心身障害がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

尊厳死とその制度化の問題点を考え、世界各国で安楽死・自殺幇助・治療の強制終了などが合法化されている驚くべき事実を告発する。

無駄な延命を拒否する尊厳死とその制度化の問題点を考え、安楽死・自殺幇助・医師による一方的な治療の停止などの合法化によって、死の自己決定権がはく奪され、「いのちの選別」がすすめられている世界各国の驚くべき事実を告発。

はじめに

第1章 死の自己決定権をめぐる議論
 1 日本の尊厳死議論
  ●良い死に方●尊厳死法案●尊厳死が法制化されることの意味●自由な選択の保障●ガイドライン●医療費削減のねらい?●終末期の定義●すべり坂●本当の願い●「なぜ日本ではできないのか」
  2 安楽死・自殺幇助が合法化された国や地域
  ●PAS=医師による自殺幇助●スイス●オレゴン州、ワシントン州●オランダ●ベルギー●英国●免罪符となる介護実績●「社会で支える」視点の欠落

第2章 「無益な治療」論と死の決定権
  1 医療側の決定権
  ●「無益な治療」とは何か●ゴンザレス事件とテキサスの事前指示法●「無益な治療」論をめぐる議論●一方的DNR指定●看取りプロトコルの機械的適用問題●医師が慣れれば例外はルーティーンになる●コスト論と共に拡大する対象者の範囲●「どうせ」の共有を広げていく生命倫理学者らの問い
  2 「意識がある」ことの発見
  ●ザック・ダンラップ●??可逆的脳死報告?=怎Xティーブン・ソープ●相次ぐ睡眠剤による「覚醒」事例●オウェンによる植物状態患者の意識の発見●「意識があると証明できない」は「意識がないと証明された」ではない●「分かっていない人」を「分かっている人」に変えるもの●「窓を閉じて立ち去ってしまおう」との提案
  3 それは臓器移植へとつながっていく
  ●ナヴァロ事件●ケイリー事件●心臓死後臓器提供(DCD)●デンバー子ども病院の「75秒観察プロトコル」論争●小児の脳死判定、14項目すべて満たしたのはたった一人●臓器提供安楽死

第3章 いのちの選別と人間の尊厳
  1 科学万能主義とグローバル経済
  ●科学、テクノロジーと結びつく市場経済●??コントロール幻想?≠ニ差別の再生産
  2 医療と障害のある人びと
  ●私たち親子の体験●マークとマーティンの『無関心による死』●米国NDRN『障害者の市民権を侵す医療』●「暗黙のパーソン論」と無関心●医療と患者のあいだの溝●二者択一の議論が取りこぼしていくもの●認知症の人に関心を向け、理解するアプローチ●こういう約束をしてくれる医療を受けたい●本当の「自己決定」ができるための英から●弱者の権利を守るための仕組み
  3 社会で支えるという視点
  ●介護支援●「死の自己選択」は通苦の責を患者に負わせ、社会を免責する●「どのような社会であろうとするのか」という問題
  4 いのちへの畏怖と祈り
  
おわりに
資料 尊厳死法案

【著者紹介】
1956年生まれ、翻訳・著述業。長女に重症心身障害がある(現在25歳)。主な著書 『アシュリー事件 メディカル・コントロールと新・優生思想の時代』(生活書院)、『海のいる風景 重症心身障害のある子どもの親であるということ』(生活書院)。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件