原発テレビの荒野―政府・電力会社のテレビコントロール

個数:

原発テレビの荒野―政府・電力会社のテレビコントロール

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 246p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784272330744
  • NDC分類 543.5
  • Cコード C0036

内容説明

政府・電力会社によってコントロールされ「原発推進政策」に“地ならし”されてきた番組、「原発神話」異議申し立て番組への理不尽な仕打ち、テレビメディアの歪みを照射する。

目次

第1章 地ならしされて“一望の荒野”に―大量のCMと広報番組(大量の原発CM;広報番組の手練手管)
第2章 荒野のなかの警告映像―予告されていたメディアの位置(弱腰のテレビ局に挑む女子アナ―アメリカ映画『チャイナ・シンドローム』(J・フォンダ主演)
プルトニウム工場からの叛旗―アメリカ映画『シルクウッド』(M・ストリープ主演) ほか)
第3章 荒野にも星は輝く―真っ当な番組たちの闘い(称讃と報復;住民たちは選んだ ほか)
第4章 荒野を緑野に―3・11以降と今後(爆発映像のショック;責任追及報道はゼロ ほか)

著者等紹介

加藤久晴[カトウヒサハル]
早稲田大学文学部卒業。日本テレビ勤務、東海大学文学部広報メディア学科教授を経て、現在メディア総合研究所研究員。主な受賞、JCJ賞、地方の時代映像祭賞、ギャラクシー賞など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

テレビが真っ当に原発と向き合っていたならば、原発事故は起きなかったのではないか。原発推進テレビ映像の数々、そのなかでも製作されてきた反原発番組、その理不尽な仕打ちを追い、テレビメディアの歪みを照射する。

【著者紹介】
日本テレビディレクター・東海大学文学部教授を経て、現在メディア総合研究所研究員主な担当番組「NNNドキュメント」、「田英夫リポート」ほかでJCJ賞・地方の時代映像賞・ギャラクシー賞などを受賞主な著作 『21世紀のマスコミ?A 放送』(共著・大月書店)、『マスコミの明日を問う?@ 放送』(共著・大月書店)、『映画のなかのメディア』(大月書店) ほか多数