• ポイントキャンペーン

ナショナル・ミニマムの軸となる最賃制

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 147p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784272310432
  • NDC分類 366.44

内容説明

雇用不安が増大し、賃上げ自粛どころか賃下げが提案され、小泉構造改革の痛みが国民に襲いかかっている。生活賃金を基礎にした生計費にもとづき、ナショナル・ミニマムの軸となる全国一律最賃制の確立こそが、真に日本の構造改革の梃子(てこ)になることを提起する。

目次

いま、なぜ最賃制か
最賃制とは
日本と世界の最賃制
どのような最賃制を考えるか
補論 ナショナル・ミニマムの軸となる最低賃金制は、ボランティアや協同労働の担い手にとってなにを意味するか

著者紹介

黒川俊雄[クロカワトシオ]
慶応大学名誉教授・桜美林大学名誉教授

小越洋之助[オゴシヨウノスケ]
国学院大学経済学部教授