ポピュリズムと「民意」の政治学―3・11以後の民主主義

個数:

ポピュリズムと「民意」の政治学―3・11以後の民主主義

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年10月24日 04時16分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 268p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784272211173
  • NDC分類 309.02
  • Cコード C0331

内容説明

あの日から現在まで。わたしたちが格闘してきた“状況”を掴み取る、路上からの政治・思想分析。

目次

序論 変わりゆく社会と新しい政治
1(民意の政治学―小泉純一郎から安倍晋三へ;“常識”の政治学―二〇〇九年政権交代の教訓;反原発運動はどのように展開したか―3・11から首相官邸前抗議まで;第二次安倍政権の発足―開かれた「野党共闘」への道筋;社会運動とメディアの新たな関係―日本と台湾の選挙から;「選挙独裁」とポピュリズムへの恐れ―二〇一四年総選挙の力学;二〇一五年七月一六日―「安保法制」は何をもたらしたか;政治を取り戻す―「学生たちの社会運動」と民主主義;「時代遅れ」のコンセンサス―トランプの「勝利」は何を意味するか)
2(「新しいアナキズム」と二〇一一年以後の社会運動;共同意識と「神話」の再生―複合震災の残響;非政治領域の政治学―結社・集団論の新たなる組成)

著者紹介

木下ちがや[キノシタチガヤ]
1971年徳島県生まれ、政治学者。一橋大学社会学研究科博士課程単位取得退学。博士(社会学)。現在、工学院大学非常勤講師、明治学院大学国際平和研究所研究員。2000年代からさまざまな社会運動に参加しデモのリーガル(法務)等を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件