引き裂かれたアメリカ―富の集中、経済危機と金権政治

個数:
  • ポイントキャンペーン

引き裂かれたアメリカ―富の集中、経済危機と金権政治

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月16日 00時49分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/高さ 20cm
  • 商品コード 9784272150434
  • NDC分類 361.8
  • Cコード C0033

内容説明

アメリカ社会に今、何が起きているのか。事前予想を覆すトランプ大統領の登場は、アメリカ社会を蝕む深刻な病を浮き彫りにした。一握りの者への富の集中と、その経済的・社会的な帰結、そしてカネに支配された政治の実態を、豊富なデータから明らかにする。

目次

序章 格差に引き裂かれるアメリカ社会―オキュパイ運動と大統領選挙があらわにした亀裂
第1章 極度に集中する所得と富―1%が99%から吸い上げる膨大な富
第2章 格差を増幅させる経営者報酬の梃子―ウォール街と大企業経営者の一人勝ち経済
第3章 企業・富裕層の優遇税制と租税回避
第4章 格差で不安定化する経済―格差と富の集中が作り出す金融・経済危機
第5章 格差と金権政治の悪循環―政治資金の洪水に掘り崩される民主政治
終章 ウォール街の夢想、有権者の反乱―バナナ共和国を誰が変えるのか

著者紹介

高田太久吉[タカダタクヨシ]
1944年香川県生まれ。中央大学名誉教授。専門はマルクス経済学、金融論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)