判事の家

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784270003138
  • NDC分類 913.6

内容説明

戦後最大の冤罪事件・松川事件で死刑を主張した判事の家がその後、たどった数奇な運命!その判事が死の直前、なぜ死刑廃止論者になったのか?小説現代新人賞受賞作家渾身の自伝的小説。

著者紹介

橘かがり[タチバナカガリ]
1960年東京生まれ。早稲田大学第一文学部西洋史学科卒業。2003年「月のない晩に」で『小説現代』新人賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)