阪大英文学会叢書<br> 移動する英米文学

個数:

阪大英文学会叢書
移動する英米文学

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 298p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784269750326
  • NDC分類 930.4
  • Cコード C3098

内容説明

英米文学における“移動”の問題に迫る!「冒険」「旅」「空間表象」「祖国喪失」など。イギリス・エチオピア・アメリカなどの空間移動、ジャンル間の移動、出版形態の推移など、多岐にわたる話題を縦横に駆け回る。

目次

シェイクスピアの作品における移動と空想
アビシニアン・ジョンソン
『生命論』と一九世紀社会進化論―コウルリッジからスペンサーへ
閉ざされた空間に描く旅―キーツとソネット
「小説の時代」の終焉―三巻本小説の衰退と三文文士の退場
「生き埋め」のキャサリン・アーンショー―『嵐が丘』におけるゴシック
キャロラインの物語間移動―サッカレーの『フィリップ』再考
ドロシアは何も創り出せずに終わった後世のテレサなのか―「移動」で読み解くエリオットのドロシア評価
『森林地の人びと』における階級移動―グレイスの結婚
『人間の絆』の本国に留まる主人公について〔ほか〕

著者紹介

石田久[イシダヒサシ]
大阪大学名誉教授(文学研究科、英米文学講座)、大阪学院大学名誉教授。専門分野:エリザベス朝演劇及び20世紀アメリカ演劇

服部典之[ハットリノリユキ]
1958年生まれ、大阪大学大学院文学研究科教授。大阪大学卒、大阪大学大学院文学研究科博士後期課程中途退学、博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)