潮文庫<br> 金栗四三―消えたオリンピック走者

個数:
電子版価格 ¥815
  • 電書あり

潮文庫
金栗四三―消えたオリンピック走者

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年01月20日 07時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 317p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784267021602
  • NDC分類 782.3
  • Cコード C0195

内容説明

日本人が初めて参加する国際競技大会となった1912年のストックホルム・オリンピックでマラソンに出場した金栗四三は、レースの途中で姿を消す―。現地ではそのとき何が起きたのか。その後、金栗四三は「箱根駅伝」の創設など日本のスポーツ発展に、いかにして尽力していったのか。恩師・嘉納治五郎とは…。多くの謎に包まれた金栗四三の真実に迫る。

目次

一〇〇年の時を超えて
嘉納治五郎と金栗四三
オリンピック予選会
ストックホルムへ
三島の短距離、金栗のマラソン
力尽きるまで
その後の金栗四三
駅伝
スポーツを正しく
幻の東京五輪、夢のストックホルム〔ほか〕

著者等紹介

佐山和夫[サヤマカズオ]
ノンフィクション作家。1936年8月18日、和歌山県生まれ。慶應義塾大学文学部英文学科卒業。1984年、潮賞・ノンフィクション部門、和歌山県文化奨励賞受賞、1993年、ミズノスポーツライター賞受賞、1995年、Joseph Astman Awardを日本人として初めて受賞、1998年、アメリカ野球学会(SABR) Tweed Webb賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

2019 年大河ドラマ「いだてん」で中村勘九郎さんが演じることで注目を集める金栗四三のノンフィクション!2019 年大河ドラマ「いだてん」で中村勘九郎さんが演じることで注目を集める金栗四三。近代オリンピックのドラマやその後の人生を余すことなく一冊に!

「日本が初めて参加した1912 年のストックホルム五輪。
金栗は講道館の創設者・嘉納治五郎の指名で、日本からただ一人のマラソンランナーとして大会にエントリー。
しかし、異常気象による猛暑のためリタイアを余儀なくされる。現地では「消えた日本人ランナー」として注目を集めるが、金栗は失意のうちに帰国。その悔しさをバネに後進の育成にあたり、「箱根駅伝」や日本初のフルマラソン「福岡国際マラソン」などを創設。日本近代スポーツの基礎を築いた。
単行本化にあたり、ストックホルムでの取材も行い、金栗の生涯と日本のスポーツ史を活写する。

佐山和夫[サヤマカズオ]
著・文・その他