サリンジャーに、マティーニを教わった

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 257p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784267020292
  • NDC分類 801.7
  • Cコード C0095

内容説明

「なんで自分は翻訳なんかしてるんだろう!」当代随一の翻訳家の縦横無尽のエッセイ集。

目次

第1章 翻訳家の忙しい日々(僕が次に訳したい本;そもそも、YAとは「問題小説」であった!;「チック・リット」って? ほか)
第2章 物語は時代や国境を超える(神なき国のファンタジー;アメリカ・インディアンのオデュッセイア;『ハムレット』はお好き? ほか)
第3章 出合いはいつも本とともに(サリンジャーに、マティーニを教わった;僕が出版社に持ちこみをする理由;僕がそのうち訳したい詩 ほか)

著者等紹介

金原瑞人[カネハラミズヒト]
翻訳家、法政大学社会学部教授。1954年、岡山県生まれ。児童文学、ヤングアダルト向けの作品を中心に精力的に海外文学の紹介を行い、訳書は400冊を超える。書評、エッセイなどでも活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ケイ

104
金原氏のエッセイ。彼は、柴田元幸さんや翻訳大賞関連の翻訳家が扱う事は少なそうな(偏見なら失礼🙏)作家さんたちをおさえてくれる気がするし、言葉使いも気取ってなくて好きなの。さて、これを読んだら読みたい本がドーンと増えた。金原さんか圓朝とか歌舞伎(猿之助、孝夫、玉三郎)にも詳しく、またハムレットとヴォネガットなんてところも語ってくれていて、楽しい時間を過ごせた。森鴎外か訳して逍遥が赤を入れた原稿があるなんてね、あぁ読みたいもんだ2023/06/15

ヒデミン@もも

36
金原瑞人さん、翻訳450冊も手掛けたらしい。好きなのにそんなに読んでない訳はファンタジーが多いから。しかしイギリスではベストセラーといえばファンタジーみたい。三浦しをんさんの作品がお好きということで嬉しい。私はマティーニよりモスコミュールのほうが好きだけど。2016/01/14

ちゃこてい

14
翻訳家、金原さんのエッセイ。なんと金原ひとみさん(一冊も読んだこと無い、ごめんなさい)のお父様とな。英会話が苦手とか信じられない話や、アンデルセンは本当はアナセンと発音するらしく、アンデルセンと定着してしてしまったのは森鴎外のせいらしい。とか。なかなか興味ぶかく、読みたい本がドンドン増えちゃうな。2018/01/13

くさてる

14
翻訳家のエッセイ集。様々なジャンルの本を紹介したその内容を読んでいると、面白そうな未訳の本の多さに溜息が出ます。もちろん、翻訳済みの本についても読書欲をそそられることは間違いなし。それ以外にも、本に関する様々なトリビアや本にまつわる小さなエピソードなど、読書家なら楽しめる内容だと思います。おすすめ。2015/10/19

tom

13
金原さんは、ファンタジーの翻訳者としておなじみの人。その人が、サリンジャーからマティーニを教えて貰ったとおっしゃるから借りてきた。個人的には、金原さんの翻訳本には、面白本と非面白本が混在していて不思議に思っていた人。ところが、この本、思ったよりもずいぶん面白い。翻訳する人というのは、語学オタクというよりも、好奇心いっぱいの人が多いらしいと思っていたのだけど、そのことを再確認。この本の中にも、文楽、歌舞伎、詩人の石原吉郎、中島敦やら三浦しをん、ついでに古写真等々、様々な話題が出現。ビックリして読了でした。2015/09/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9816331
  • ご注意事項