「厭書家」の本棚

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

「厭書家」の本棚

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年04月14日 00時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 276p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784267020124
  • NDC分類 019.04
  • Cコード C0095

内容説明

「知の巨人」20年の集大成、圧巻の書評集。

目次

第1部 「知」を試みる(「両義的」思考法の有効性『知覚の現象学』メルロー=ポンティ;立って読む本思わず緊張、哲学の冒険『「聴く」ことの力』鷲田清一 ほか)
第2部 文学を旅する(能が現代劇だった最後の時代『能に憑かれた権力者』天野文雄;文化に「中心」があった時代『ロードショーが150円だった頃』川本三郎 ほか)
第3部 現代社会の深淵(キリスト教がもたらした文明史的な革命『カトリックの文化誌』谷泰;時代の完結性をつくる“感性”の力『感性の歴史』L・フェーヴル他 ほか)
第4部 作家たちへの追憶(散文の根底にも「対談する精神」司馬遼太郎の姿勢;平明な風景『菜の花の沖』を読む『菜の花の沖』司馬遼太郎 ほか)

著者等紹介

山崎正和[ヤマザキマサカズ]
1934年京都府生まれ。京都大学文学部哲学科卒業。同大学院美学美術史学専攻博士課程修了。関西大学教授、米コロンビア大学客員教授、大阪大学教授、東亜大学学長などを歴任。大阪大学名誉教授。紫綬褒章ならびに日本芸術院賞・恩賜賞受賞。文化功労者。日本芸術院会員。著書に『世阿弥』(岸田國士戯曲賞)、『鴎外闘う家長』(読売文学賞)、『病みあがりのアメリカ』(毎日出版文化賞)、『柔らかい個人主義の誕生』(吉野作造賞)など多数ある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件