維新の肖像

個数:

維新の肖像

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 404p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784267020070
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

戊辰戦争を二本松藩士として戦った父・朝河正澄。太平洋戦争へと突き進む祖国に警鐘を鳴らし続けた子・朝河貫一。現代日本の病根を朝河父子の生き様から探る、直木賞作家渾身の歴史小説。

著者等紹介

安部龍太郎[アベリュウタロウ]
1955年福岡県生まれ。1990年『血の日本史』でデビュー。2005年『天馬、翔ける』で中山義秀文学賞を、2013年『等伯』で直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ナイスネイチャ

153
図書館本。表題の通り、明治維新前後の旧政府軍朝河正澄とその父の生き様を死後身に染みて理解する子朝河貫一をそれぞれの視点で描いてました。孝明天皇の毒殺や薩摩藩の陰謀など今まで習った歴史認識を覆す内容でした。勉強になりました。ただもう少し結末をしっかり描いてほしかった。2015/05/25

ゆみねこ

96
この本に出会うまで朝河貫一・正澄については全く知りませんでした。幕末の二本松藩士であった父正澄の来し方を、日中戦争直前の米国イェール大学教授の息子貫一が小説という形でふりかえるという手法の一冊。維新については勝者の側からの記述や教育が圧倒的に多いと思いますが、戊辰戦争を思うと切なくて泣けてきます。貫一のアメリカでの反日感情の中での生き方や、日本を思っての提言が受け入れられなかったことなど、もっと多くの人に読んで欲しい本。2015/06/26

佳音

52
うーん(゜-゜)辛口になります。お察しいただけるとたすかります。2016/11/21

kawa

35
今月は偶然に、敗者目線で維新を扱う3作品を読了。その中で、薩摩藩邸焼き討ち事件に参加した二本松藩氏・朝河正澄を主人公に据えた本書、一番面白く、読み応えがあった。維新における、江戸市中を騒乱に陥れるための御用盗(西郷の指示だという)、孝明天皇の怪死、戊辰戦争の実態等を描く中で、明治以後の日本に、目的のためには手段を選ばない草賊(こそ泥)の性根が蔓延し、結果としてそれが満州事変や上海事変に繋がったとする。なかなか刺激的な解釈だ。2018/02/24

ハッチ

30
★★★★★安部さんの新刊。明治維新前後を生きた武士、父昌武を息子貫一が小説に書きながら、明治維新はなんだったのかを問う作品。歴史は勝者によって編纂されるというのは第二次世界大戦の事たど思っていたけれど、もしかししたら明治維新もそうだったかもしれない。旧幕府軍と新政府軍の戦いにも、旧幕府軍の大義があった。どこまで史実かわからないが、面白く読めた。安部さんの小説は良いと思う。2015/07/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9687081

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。