司馬遼太郎と詩歌句を歩く

個数:

司馬遼太郎と詩歌句を歩く

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 294p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784267020049
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

内容説明

司馬は詩人になりたかったのかもしれない。詩歌句への深い造詣は、小説を躍動させ、リズミカルに彩る。国民的文学の魅力を再発見。

目次

『燃えよ剣』にみる俳句の旅
『空海の風景』と漢詩の旅
『義経』と和歌、今様の旅
『箱根の坂』の中世歌謡
『国盗り物語』、その謡と連歌
『馬上少年過ぐ』の詩歌
芭蕉をめぐる旅
蕪村を愛して
『世に棲む日日』の革命と詩
『竜馬がゆく』にみる詩歌
『酔って候』の酒と詩
『幕末』、志士たちの詩歌
『峠』の中の詩歌句
『坂の上の雲』の子規の俳句・短歌革新

著者等紹介

新海均[シンカイヒトシ]
1952年、長野県生まれ。75年、早稲田大学第一文学部卒業。同年、光文社入社。以降、雑誌、書籍の編集に携わり、2010年、退社。その後、フリーライターとして活動。日本ペンクラブ人権委員・俳人協会会員(号/あぐり)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。