人生8勝7敗―最後に勝てばよい

電子版価格 ¥968
  • 電書あり

人生8勝7敗―最後に勝てばよい

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 181p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784267019630
  • NDC分類 788.1
  • Cコード C0095

内容説明

元大関・琴風、その人生は「まわりみち」の連続だった。力士時代の二度の大怪我、尾車部屋でのさまざまな苦難、そして頚髄(けいずい)捻挫による全身麻痺…それでも、人生、最後に勝てばよい!

目次

第1部 青春相撲(出発;出会い)
第2部 勝利人生(創造;家族;復活)

著者等紹介

尾車浩一[オグルマコウイチ]
1957年三重県生まれ。尾車部屋親方。日本相撲協会理事、巡業部長。1971年に佐渡ヶ嶽部屋に入門。しこ名は琴風。78年に史上4人目の早さで関脇昇進。現役時代の度重なる怪我を乗り越えて81年に大関昇進。85年に現役引退。87年尾車部屋を創設。2012年に頚髄捻挫による全身麻痺になるも、同年11月の九州場所で現場復帰を果たす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。