二月の雪、三月の風、四月の雨が輝く五月をつくる

個数:

二月の雪、三月の風、四月の雨が輝く五月をつくる

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年04月11日 22時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 261p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784267018961
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

雪が降り、風が吹き、雨が打つから人生は輝く。読売新聞連載の人気エッセイ「仙台だより」待望の単行本化。54歳で東北大学大学院入学、同大相撲部監督就任、大病に倒れるも克服、そして3.11―。

目次

第1章 五十四歳で大学院へ それは土俵を守るため(アカデミック・ダイエット?;眼科医はどこッ!? ほか)
第2章 東京で想う「故郷・仙台」(やっぱりヤバイっす;シロちゃんに誘われて ほか)
第3章 岩手で命を救われて(他人の不幸はオバサンの蜜;昭和の遊びが子供を刺激 ほか)
第4章 輝く五月のためにできること(東北人の「利他の精神」;「東日本大震災復興構想会議」のメンバーに ほか)

著者等紹介

内館牧子[ウチダテマキコ]
1948年秋田県生まれ。武蔵野美術大学造形学部卒業。三菱重工業に入社後、13年半のOL生活を経て、88年に脚本家デビュー。テレビドラマの脚本に「毛利元就」「ひらり」「私の青空」「週末婚」「昔の男」「白虎隊」「塀の中の中学校」など多数。93年第1回橋田賞、95年作詩大賞、2010年モンテカルロ・テレビ祭で三冠を受賞。大の好角家としても知られ、2000年9月より女性初の(財)日本相撲協会・横綱審議委員会審議委員に就任し、10年1月任期満了により退任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。