ルポ 原発難民

個数:

ルポ 原発難民

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784267018800
  • NDC分類 369.31
  • Cコード C0095

内容説明

「原発」と「津波」が故郷を奪った―。政府よ、東電よ、東北の人びとの叫びをきけ!阪神・淡路大震災以来、災害取材を重ねてきたジャーナリストが、寝袋とリュックを背負って東日本大震災の被災地を歩いた渾身のルポ。

目次

第1部 原発(地域を引き裂く「原発」―福島県南相馬市、飯舘村;逃げる、支える、闘う―福島県いわき市、双葉町、大熊町)
第2部 津波(生と死―宮城県仙台市、石巻市;生きる、助ける―宮城県気仙沼市;立ち上がる―岩手県陸前高田市、大船渡市、宮城県南三陸町)
第3部 復興(「負げね人」―岩手県釜石市、大槌町;不屈の東北魂―宮城県名取市、気仙沼市再訪;阪神から東北へ・東海村から福島へ)

著者等紹介

粟野仁雄[アワノマサオ]
1956年兵庫県生まれ。ジャーナリスト。大阪大学文学部卒。ミノルタカメラ、共同通信社を経てフリー。阪神・淡路大震災以来、中越・中越沖地震、三宅島噴火、東海村臨界事故など、災害取材の豊富な経験がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。