「声」は見た目よりものをいう

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 179p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784267018756
  • NDC分類 809.4
  • Cコード C0095

内容説明

オシャレより化粧よりお金より、一番大切なのが「声」の威力。仕事も恋も人生もできるひとは「声」が違う。

目次

第1章 できる人は「声」が違う!(名は体を、声は生き方を表す;アニメ「ドラえもん」大ヒットの理由は声にあった ほか)
第2章 声は「見た目」以上にものをいう(面接試験はマナーと「声」が勝負;政治家たちの声が弱々しくなってきた ほか)
第3章 いい声をつくるヒント(声が出る仕組みを学ぶ;リラックスしながら姿勢を整える ほか)
第4章 さらに表現を豊かにするために(アクセントの四つのパターンを学ぶ;イントネーションを磨くには、人の話をよく聞くこと ほか)
終章 “声”の世界を楽しもう(声にマニュアルはない;論理と情緒を使い分ける ほか)

著者等紹介

竹内一郎[タケウチイチロウ]
演出家・劇作家・漫画原作者。1956年福岡県生まれ。横浜国立大学教育学部心理科卒業。九州大学博士(比較社会文化)。九州大谷短期大学助教授をへて宝塚大学教授。『手塚治虫=ストーリーマンガの起源』でサントリー学芸賞、さいふうめいの筆名で発表した『戯曲・星に願いを』で文化庁・舞台芸術創作奨励賞佳作、『哲也―雀聖と呼ばれた男』で講談社漫画賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ks田ハナコ

0
どちらかというと、声について全く意識したことのない人が読むのにはいいかもしれない。発声について一冊でも読んだことのある人なら、物足りないと感じる内容。本の構成については、前半部がくどいので、後半から読み始めてもいい。最後に参考文献があるので、そちらは参考になりそうだと感じた。2013/04/21

haruki

0
高校時代の部活の練習を思い出した。2011/06/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3176367
  • ご注意事項