太宰治の愛と文学をたずねて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 208p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784267018732
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

内容説明

自伝的小説の舞台へ、生涯の土地へ。「思い出」「富嶽百景」「津軽」「人間失格」初恋・自殺・結婚・戦争・流行作家…人生と名作をたどるエッセイ集。

目次

第1章 「思い出」
第2章 「津軽」
第3章 「東京八景」「姥捨」
第4章 「富嶽百景」
第5章 「故郷」「津軽」
第6章 「十五年間」「惜別」「薄明」
第7章 「十五年間」「冬の花火」「メリイクリスマス」
第8章 「斜陽」
第9章 「人間失格」

著者等紹介

松本侑子[マツモトユウコ]
小説家・翻訳家。筑波大学社会学類卒業、テレビ局勤務を経て、『巨食症の明けない夜明け』で、第11回すばる文学賞受賞。評伝小説『恋の蛍―山崎富栄と太宰治』(光文社)で、2010年新田次郎文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。