明日をつくる“教育の聖業”―デンマークと日本 友情の語らい

個数:

明日をつくる“教育の聖業”―デンマークと日本 友情の語らい

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 334p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784267018091
  • NDC分類 370.4
  • Cコード C0095

内容説明

「社会のための教育」から「教育のための社会」へ。環境・福祉立国の繁栄を築いた教育理念と創価の平和・文化・教育運動をめぐる対話。

目次

“生の啓発”の教育
不戦の世紀と民主主義の力
よりよい社会へ 福祉大国の挑戦
義務教育の現在、そして未来
義務教育と生涯教育
世界へ広がった国民高等学校
女性の美質が尊重されゆく社会へ
世界に開かれた学校
宗教と社会
教育における「師弟」
教師像をめぐって
いじめ・人権・平和の文化
いじめ・人権・環境教育
環境教育と宗教・恩師・詩心
平和教育と対話の大光

著者等紹介

ヘニングセン,ハンス[ヘニングセン,ハンス][Henningsen,Hans]
1928年生まれ。54年オーフス大学大学院(デンマーク)を卒業後、ロディング・フォルケホイスコーレ(国民高等学校)の教員(59~63年)を経て、ハーザスレウ国立教員養成所の上級講師(70~80年)、そして世界的に有名なアスコー・フォルケホイスコーレ校長(80~93年)、デンマーク教員育成大学協会理事長(93~2003年)を務めた。さらに「全国フォルケホイスコーレ・農業学校連盟」の書記長(66~69年)、「デンマーク文化協会」運営委員長(83~98年)を歴任し、文部大臣の任命による「教員教育への新法律準備委員会」の初代委員長(87~90年)に

池田大作[イケダダイサク]
創価学会名誉会長。創価学会インタナショナル(SGI)会長。1928年生まれ。創価大学、アメリカ創価大学、創価学園、民主音楽協会、東京富士美術館、東洋哲学研究所、戸田記念国際平和研究所などを創立。1968年には、いち早く「日中国交正常化」を提唱し、日中友好に大きく貢献。83年には「国連平和賞」を受賞。北京大学、モスクワ大学、グラスゴー大学、デンマーク・南大学をはじめ世界各国の大学、学術機関から名誉博士、名誉教授等の称号を受けるなど、平和への行動と哲学が高く評価されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Lin

1
デンマークに学ぶ、生きた人間教育とは何かを考えさせられる一冊。牧口常三郎も参考にした、フォルケホイスコーレのメンタルとはどこから来たのか、また創価教育学と通じるところはどこか、教育従事者だけではなく、すべての人が楽しめる本だと思います。きっとデンマークに行きたくなるはず。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/307085

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。