三国志 〈第22巻〉 蜀呉の死闘

個数:
  • ポイントキャンペーン

三国志 〈第22巻〉 蜀呉の死闘

  • 横山光輝
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • 潮出版社(2008/12発売)
  • ウェブストア ポイント5倍キャンペーン,夏のジャンル別プラスポイント(コミック)
  • ポイント 90pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年08月14日 21時09分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 413p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784267017827
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0079

出版社内容情報

石兵八陣。孔明、たくみに八陣図を布く
魏では重臣たちの画策により、献帝に譲位をさせて曹丕が帝位についた。玄徳も蜀皇帝となり、魏に対抗する。
玄徳は孔明や重臣たちの反対を押し切って呉討伐の兵を挙げるが、出陣直前、張飛が臣下に裏切られ、はかない最後をとげた。
玄徳のもとに関羽と張飛の息子、関興と張苞が馳せ参じ、蜀軍は連戦連勝を続ける。
呉では陸遜が大都督に抜擢される。陸遜は徹底した持久戦で、東南の風を待ち、玄徳の布陣を火攻めにした。
玄徳は白帝城に逃げ込むが、蜀兵の多くを失った心労がたたり、孔明に後事を託して世を去った。
玄徳亡き後、孔明は劉禅を皇帝の位につけた。

目次:
新帝/蜀皇帝/張飛の最期/張苞と関興/腕くらべ/連戦連勝/三虎逝く/快進撃/仇の片割れ/霊に捧ぐ/若き総司令/持久戦/火攻め/石兵八陣/魏呉攻防戦/玄徳没す
三国志関連地図
三国志通講座21「一喝」井波律子(国際日本文化研究センター教授)
劉備玄徳は女だった 横内謙介(劇団扉座主宰、劇作家、演出家)
特集飯田市川本喜八郎人形美術館