三国志 〈第21巻〉 関羽の不覚

個数:

三国志 〈第21巻〉 関羽の不覚

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月27日 12時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 407p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784267017810
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0079

出版社内容情報

七歩の詩

呂蒙は、陸ソンに陸口を守らせた。関羽は陸ソンを侮り、陸口の兵を樊城に向かわせる。呂蒙はただちにケイ州に向かい、烽火台を次々と襲い、ケイ州城を落とした。
関羽はケイ州に進撃するが、ケイ州に家族のいる兵士たちは戦意を喪失し離散する。関羽は麦城に逃れて援軍を待つが、劉封と孟達は援軍を送らなかった。関羽は呉軍に捕らえられ、首を打たれた。玄徳は呉へ出陣しようとするが孔明の諫めを受けて、思いとどまる。
魏では、頭痛とめまいに苦しむ曹操の症状が悪化。曹操は華佗の手術を断り、後継ぎを曹丕と決めて、世を去った。
玄徳は呉への復讐戦を前に、関羽を見殺しにした劉封と孟達の処分を決定。孟達は魏に走り、劉封は処刑された。

目次:
関羽と陸遜/荊州城陥落/にわか雨/傅士仁とビ芳/大敗北/攻守転倒/深慮遠謀/麦城に走る/援軍きたらず/関羽の最期/首騒動/蜀鳴動/曹操発病/名医華陀/曹操の死/新魏王/兄弟相争う/七歩の詩/叛乱の芽/裏切り/敗戦/劉封の死
三国志関連地図
三国志通講座⑳「使者」 井波律子(国際日本文化研究センター教授)
戦後のポピュラー音楽、英雄列伝 タケカワユキヒデ(音楽家)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

くぅ

31
関羽といえども…。1巻から順に追って読んでいくうちに関羽のファンになっていた私には悲しい巻。感じたままに動きやすい張飛の方が先に死にそうなイメージだったし、関羽を亡くした張飛を想うとまた一層悲しくなる。そしてやっぱり思う。こんなときにGPS、スマホ、ドローンなど"今"のものが1つでもあれば、関羽の危機を救えたかもな、と。2020/06/20

kagetrasama-aoi(葵・橘)

28
「三国志」第二十一巻。『関羽の不覚』関羽、死す……(涙)。そして曹操もこの巻で死。曹操では無くて関羽を副題に!関羽の人気ぶりがうかがえる。2023/02/04

もも

12
関羽、曹操、華佗、劉封・・・残念なことに。個人的には華佗をもっと見ていたかった。2011/05/17

ふうてんてん

6
関羽が死んだ。残念な死だった。知らせを聞いて嘆く劉備や張飛がかわいそうだった。曹操も死にこの話の核となっていた二人がいなくなった事が今後どう影響するのか?早速権力争いの魏国、関羽の敵を取ろうとする劉備など物語は動いている。まだ9巻あるので読み進めます。2016/05/02

みのにゃー

5
関羽が!曹操も!(関羽を追い詰めた呂蒙が、関羽の霊に殺されたとか。呂蒙すごいと思ったら、一瞬で出番終わった感。)2015/12/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/558458
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。