三国志 〈第15巻〉 周瑜と竜鳳

個数:

三国志 〈第15巻〉 周瑜と竜鳳

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月23日 21時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 405p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784267017759
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0079

出版社内容情報

竜鳳並び立つ

呉国に着いた玄徳は孫権の母に気に入られ、孫夫人と正式に結婚。周瑜の策は裏目に出た。周瑜は孫夫人を連れて帰国する玄徳を追うが、玄徳軍にあざけられ血を吐いて倒れる。荊州返還の策までも孔明に見抜かれ、周瑜は天を恨み夭逝する。
玄徳の陣に「伏竜」孔明と並ぶ「鳳雛」と称されたホウ統が加わった。これを知った曹操は、まず背後を衝かれぬよう西涼の馬騰を討とうと都に呼び寄せる。馬騰はこの機に曹操殺害を企てるが、事前に密告され命を落とす。
馬超は父のあだを討つべく韓遂とともに立ち上がり、長安城を落とす。

目次:
甘露寺/十字紋石/贅沢の蜜漬/脱出/男まさり/孔明の読み/銅雀台/荊州往来/周瑜の最期/将星を見る/鳳雛去る/馬騰と一族/密告者/征呉南伐軍/西涼の強兵/長安落城
三国志関連地図
三国志通講座⑭「烈女」井波律子(国際日本文化研究センター教授)
ヒーローを描く横山光輝マンガ 中田雅喜(漫画家、エッセイスト)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

くぅ

40
半分まできました。"能ある鷹は爪を隠す"とはよく言ったもんだと思う。孔明って凄いんだけど、でも、やっぱり…う〜ん、仲良くしたくないわ。劉備は味方につけたんだけども…私だったら敵に回すよりはいいけど、やっぱ味方にもしたくないかなぁ、あんまり。…と、まぁ、そんなもんでなんだか周瑜がかわいそうだった。明らかに敵わないのに、喜んじゃったりしちゃって…。負けるってわかっててもなんていうか周瑜の方が人間味があるっていうか、無駄に敵を増やさないというか。ちょっと抜けてるくらいの方が人は魅力的なのかも。2020/02/19

kagetrasama-aoi(葵・橘)

33
「三国志」第十五巻。『周瑜と竜鳳』半分まで来ました。伏竜、鳳雛の二人を得た玄徳。これからですね!「こうして西涼の雄馬騰は、無念の涙をのんで、その生涯を閉じた。」の文章が印象に残りました。この時代からこんな罠が‼️人の営みは変わらないと言うことなんですね。2022/11/25

もも

10
劉備が簡単に酒と女におぼれるなんて意外。でも、それをわかっていた孔明がまた凄い。劉備の妻となった孫権の妹君、凛々しいですねぇ。三国志は男率が高いので、女子にも少し頑張ってほしいんだけどな。将の鎧兜はそれぞれのデザインがあるのだが、馬超の兜のデザインは個性的です。そして、乗ってる馬もブチの馬だった。巻末のコラムに書かれていたが、私生活の描写がないことに気付く。それがあれば登場人物への思いも少し変わるかもしれない。でも、それがないから自分で想像したりする楽しみもあるのかもしれない。これで半分読み終わりました。2011/05/08

mass34

5
周瑜と諸葛亮。二人のコントラストの描き方が絶妙。2015/12/03

みのにゃー

4
玄徳の新しい夫人がいい。イケメンの周瑜が残念。いい人っぽい魯粛が後継者?目まぐるしく歴史が動く。2015/10/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/558489
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。