三国志〈第14巻〉進攻玄徳軍

個数:

三国志〈第14巻〉進攻玄徳軍

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月17日 00時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 421p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784267017742
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0079

出版社内容情報

南郡争奪戦

周瑜は曹仁の拠る南城を攻撃。曹仁は曹操の秘策を使い、周瑜に矢傷を負わせる。周瑜が苦戦しているさなか、趙雲は南城を、張飛が荊州城を、関羽は襄陽城を占領した。
玄徳はさらに南の四郡攻略を開始。玄徳軍は零陵を落とし、つづいて趙雲が桂陽を、張飛が武陵をとった。関羽は赤壁で曹操を見逃した一件を挽回しようと、五百騎で長沙を攻撃し、功臣・黄忠を感服させた。
呉は合肥城攻略に手こずり、ついには孫権自らが出陣するが、太史慈を失うなど、大損害をこうむり撤退する。
周瑜は、荊州を返還しない玄徳に対し、孫権の妹との結婚をもちかけ玄徳殺害を謀る。

目次:
一巻の書/曹操の秘計/静寂の陣/無血城とり/荊州の主/四輪車/裏の裏/桂陽攻め/兄嫁騒動/張飛武陵をとる/関羽五百騎/黄忠の矢/合肥城攻防/太史慈の最期/証文/謀略結婚
三国志関連地図
三国志通講座⑬「美女」井波律子(国際日本文化研究センター教授)
三国志を描く 村上豊(画家)

著者等紹介

横山光輝[ヨコヤマミツテル]
1934年(昭和9年)6月18日、兵庫県神戸市須磨区生まれ。銀行員、映画会社宣伝部員を経て、55年「音無しの剣」でデビュー。56年「鉄人28号」の連載を開始、大人気となる。以後、「伊賀の影丸」「魔法使いサリー」「水滸伝」「ジャイアントロボ」「コメットさん」「バビル二世」「三国志」「戦国獅子伝」「闇の土鬼」「時の行者」「隻眼の竜」「徳川家康」「項羽と劉邦」など(発表年度順)ヒット作品はジャンルを問わない。2005年1月に完結した「殷周伝説」が遺作となった。91年「三国志」で漫画家協会賞優秀賞、04年「全作品」で文部科学大臣賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。