ゲーテ全集 〈13〉 エッセイ 小岸昭 (新装普及版)

個数:

ゲーテ全集 〈13〉 エッセイ 小岸昭 (新装普及版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月13日 04時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 453p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784267016738
  • NDC分類 948
  • Cコード C0398

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

lily

3
心理学的に相手への評価は自己評価の反射板であることが示唆されるように、ゲーテの文学論、芸術論がそのままゲーテ自身の評価として読むのが最もしっくりくる。高尚な文筆家の全集は読破したいし、何度読んでも価値を失わずに楽しめる。2019/04/06

とんこつ

2
文学論の項目を読了。世界文学についてのゲーテの発言や論考がまとめられている。世界文学とは、単に作品の質の問題だけではなく、作家自身の態度のことも指している。そのひとつに自国に足りないものを他国から謙虚に学び吸収していくことがあげられる。また自国文学と他国文学のどちらかが優れていくのかを競うのではなく、どちらもが人類にとっての貴重な共有財産なのであるという視座に立ったとき、真の寛容が達せられるとのゲーテの指摘は瞠目させられるばかりだ。短いけれど難解な部分もあったので、これから何度も読み返していきたい。2015/06/08

MatsumotoShuji

0
030808

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1183825
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。