ゲーテ全集〈5〉戯曲 (新装普及版)

個数:

ゲーテ全集〈5〉戯曲 (新装普及版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月21日 07時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 423p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784267016653
  • NDC分類 948
  • Cコード C0398

内容説明

ドイツ古典主義の傑作「タッソー」。至高不滅の戯曲の数々、記念碑的な作品群。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

翔亀

34
「タウリスのイフィゲーニエ」(1787)の感想です。この戯曲は、文学史上はゲーテの古典主義への転換を示すものとされる。その意味が私にはよく判らなかったので、念のためエウリピデスの同名のギリシャ悲劇を予習してから読んでみた。驚いた。ギリシャ悲劇を下敷きにしたというけど、せいぜいヒロインの設定を借りたぐらいかなと予想していた。しかし、勿論セリフや細かい筋は完全に別物なのだが、舞台も4名の主要登場人物もストーリーも全く同じなのだ(そんなの常識なのかな)。明らかにこれは、ギリシャ悲劇のある一点に絞って、↓2020/10/12

twinsun

9
実人生に生きることと芸術という孤独な営みの葛藤。芸術家は粗暴を庇護者にその煌めきで受容されることを強要し、その煌めきゆえに目的を達するタッソーの物語は、芸術家気質への受容を求めるゲーテの本心を現しているようだ。。トロイ戦争勝利に為の贄として消えたはずのエフィゲーニェが父殺しの敵をとった母殺しの兄のオレストの訪れとディアーナ神の後ろ盾を得て、王アルカスの心を動かし、タンタロス一族の暗黒の運命を超克する「タウリスのエフィゲーニェ」は悲劇の家系に輝く未来を切り開きほっとする読後感があった。2022/01/28

てれまこし

9
『ウェルテル』などで疾風怒濤運動を焚きつけたゲーテは『イフィゲーニエ』で彼の追随者を置き去りにして、自分の才能に見合わない惨めな環境への憤りから世界との和解へと歩を進める。巨人主義は残るが、ゲッツやエグモントのように悲劇で終わらない。『タッソー』は激情型と実務型という二人の人間の衝突であるが、自身を映しだす鏡である詩人を突き放しながら一類型として世界のなかに包摂してしまう。運命への抵抗が死に終わらずに生に向かっての巨人的努力へ向けられる。だが死が捨てられたわけでもない。死を乗り越えるところに生の意義がある2021/02/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1403516
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。