潮文学ライブラリー<br> 永遠の都〈中〉

個数:

潮文学ライブラリー
永遠の都〈中〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月24日 15時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 395p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784267015830
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

内容説明

人間共和の理想に立ち上がったロッシィに襲いかかる陰謀。数奇な運命に隠されたロッシィと恋人ローマを結ぶ糸。愛と信義の試練の中で、ロッシィはイギリスに亡命していく。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェルナーの日記

194
本作の第2巻。本物語に登場する人物たちは架空であり、実在しないが、モデルともいえる史実の人物は幾人か存在する。『イタリア統一の三傑』とも称される”カヴール”、”ガリバルディ”、”マッツィーニ”である。カヴールは、サルデーニャ王国首相(イタリア王国の前身)、イタリア王国首相(初代閣僚評議会議長)、初代外務大臣を歴任。イタリア統一運動では、外交により祖国であるイタリアの統一戦争を進めた。 2021/12/28

湖都

16
ロッシィとローマは、とうとうお互いの気持ちを告白する。そして革命と反革命は燃え上がり、対立し、恋人達の間に立ちはだかる。物語の自体から離れた感想を述べると、この物語はフランスの書簡文学のようでもある。ナポレオン後、王政復古下のフランスを彷彿とさせる何かがある。ブルジョワ的な貴族のせいか。同時に、古代ローマの貴族対平民をも思い起こさせる。暴力的な部分は特に。ロッシィに殉教者を思わせるからか。そんなことを考えながら読んでいると時代背景が分からなくなって、結局普遍的な物語なのかもしれないと感じる。2021/05/13

ゆりゆり

4
暴力に訴えることなく革命を成功させようと心を尽くしたロッシィだが、子供の死をきっかけに民衆のデモは一気に暴動へと発展する。革命には流血がつきもの。それに比して、日本が大政奉還の時に江戸城を無血開城したのは奇跡的だ。中巻も相変わらずロッシィとローマの熱烈な恋心は増すばかり。ボネリィ男爵が気持ち悪い。約120年前を設定して書かれているが、仏教もイスラム教もキリスト教も、なぜ女性の貞操に厳格なのか。不思議だ。2014/08/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/379682
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。