人の「いのち」と人権―人が人らしく生きるために

  • ポイントキャンペーン

人の「いのち」と人権―人が人らしく生きるために

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 71p
  • 商品コード 9784265014194
  • NDC分類 K308

内容説明

仕事ではたらきすぎてなくなったおとうさんをもつ子どもや、ドブ川におちたわが子をなくしたおとうさん、そして公害で畑をよごされた農民がいます。だいじな〈いのち〉、たいせつな〈くらし〉をうばわれたのです。そういう〈いのち〉や〈くらし〉はしっかりとまもらなければなりません。人が人らしく生きる権利をかんがえてみましょう。

目次

1 人のいのちと人権
2 子どものいのち(万田事件;死の水路;被害者の連帯の輪)
3 おとうさんのいのち(過労死・在職死亡;はたらくことのよろこびと苦痛;仲間たちの人権闘争)
4 石の肺をもついのち(炭鉱夫と粉じん;じん肺防止;解剖された石の肺)
5 大地のいのち(安中公害裁判が全面解決して;安中公害とは?;公害のない平和な環境を)
6 ひきさかれたいのち(えん罪とは;徳島ラジオ商殺し事件;あやまった裁判;再審開始・無罪判決)
7 侵略されたいのち(朝鮮人被爆者との出会い;侵略戦争)
おわりに いのちのかがやきをもとめて