「べてるの家」から吹く風

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 192p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784264024361
  • NDC分類 369.28
  • Cコード C0036

内容説明

北海道浦河町にある「べてるの家」は1984年に発足した。精神障害をかかえる当事者による地域貢献、社会進出を旗印に「商売」として日高昆布の産地直送、紙おむつの宅配に挑戦。93年には、「べてるの家」のメンバーのほか、全国の出資者を得て有限会社福祉ショップべてるのを設立。総勢100名をこえる当事者が関わるまでに成長した。2002年には、全国ではじめて当事者が理事長・施設長に就任、社会福祉法人を設立。さらに小規模授産施設、グループホームを運営し、地域と一体となった事業を展開している。笑いあり涙ありのエピソード集。

目次

弱く、遠く、小さき群れより
悩む教会
「アル中になってもいいよ」
「あきらめる」ということ
出動!爆発救援隊
贈ることば
終わらない旅
自分自身で、共に!
仲間の力
心を開く〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

記憶喪失した男

10
精神病患者の無軌道性については比較的正確に記述してある。 これくらいに暴れる患者が多い。ただし、暴れる患者と暴れない患者は極端に別れており、暴れない患者にとっては暴れる患者はたいへんに迷惑。まだ、上っ面をよく見せようと書きすぎている気がするが、統合失調症の症例としてはかなり参考になる。 2017/01/27

riviere(りびえーる)

9
著者は「べてるの家」を立ち上げたソーシャルワーカー。前回読んだ「悩む力」は外部のライターによる本でしたが、これは立ち上げた当事者による本なので、エピソードが活き活きかつナマナマしく語られている。概観を知るには「悩む力」の方が良いかも。それにしても、べてるの家を魅力的にしているユーモアの数々がとても素敵。たとえば「昆布を売ります、病気も売ります」「絶望するほど”いい落ち方してきたね”と誉められる」「安心して絶望できる援助」「幻聴さん」「リストカッター」…etc. 。逆転の発想で目からウロコ。2012/10/17

しゅんぺい(笑)

5
「べてるの家」の向谷地さんの著書。 弱さを隠さない。病気を克服しようとしない。 そういう意味で、非常識。でも、すごく強い思想。2013/10/05

くま

5
自分が『OK』だと思っている状態が果たして本当にOKなのか疑問になり、頭がこんがらがった。病気が治ったから生きやすくなるのではなく、治ったら、治ったで、直面しなければならない問題があること。それが普通で当たり前であること。じゃあ、苦しみながらも何とか現実に対応している今の自分でもOKということなのか?全然うまく生きれていない自分でもOKなのか…。今後も考えていきたいテーマです。2013/07/17

yesod

4
すごく衝撃をうけた。弱い部分は潰し、隠すのが世の常だけど、べてるの家は違う。幻聴が原因で暴れて電話してきた人に、「よく電話くれたね」と。「幻聴さんの研究をしてみないか」と。自分がもしうつやパニック障害などになったら、べてるの家のような温かいユーモアのある対応をしてもらいたいし、自分も病気とそのように向き合いたいと思う。「向谷地さんが病気になるなら、ガンでなく僕たちと同じ病気にしてください」と祈る人に対して、向谷地氏は、「心からそうなりたいと思う」というようなことを書いていて心に残りました。2013/02/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/398877

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。