チェアサイド・ラボサイドで共有したい 咬合平衡が向上するコンプリートデンチャー製作法―調節彎曲値の改良と歯科技工

個数:

チェアサイド・ラボサイドで共有したい 咬合平衡が向上するコンプリートデンチャー製作法―調節彎曲値の改良と歯科技工

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A4判/ページ数 128p/高さ 28cm
  • 商品コード 9784263433362
  • NDC分類 497.5
  • Cコード C3047

目次

序章 咬合平衡について(咬合平衡とは?;なぜ、咬合平衡を得る必要があるのか?―旧義歯からみえてくるもの)
第1章 咬合平衡が向上する印象採得(概形印象;機能印象)
第2章 咬合平衡が向上する咬合床・咬合採得(咬合採得の意義;咬合床の製作 ほか)
第3章 咬合平衡が向上する人工歯排列・歯肉形成・レジン重合(コンプリートデンチャーの咬合様式;人工歯排列 ほか)
付章 研磨・口腔内咬合調整(仕上げ研磨;口腔内での咬合調整および予後の状態)

著者紹介

渡邉清志[ワタナベキヨシ]
1973年東京医科歯科大学歯学部附属歯科技工士学校本科卒業。1975年同校実習科修了。1975年東京医科歯科大学歯学部附属病院歯科技工部勤務。1976年新潟大学歯学部附属歯科技工士学校講師。1999年新潟大学歯学部附属歯科技工士学校教務主任。2004年博士号(歯学)取得(新潟大学)。2004年新潟大学大学院医歯学総合研究科口腔生命科学専攻顎顔面再建学講座摂食機能再建学分野(現包括歯科補綴学分野)助教(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)