Ikeda sports library<br> 痛くならない!速く走れる!ランニング3軸理論

個数:
  • ポイントキャンペーン

Ikeda sports library
痛くならない!速く走れる!ランニング3軸理論

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年04月26日 06時55分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 191p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784262166261
  • NDC分類 782.3
  • Cコード C2075

内容説明

マラソンを走ったランナーの多くが、「30kmを過ぎると、とたんにペースを維持するのが難しくなる」と感じています。その理由は、体力でしょうか、ペースやメンタルでしょうか。私は、その答えは技術面にあると考えています。この本で紹介する「ランニング3軸理論」は走るための技術です。ポイントとなるのは、“軸”と“回転運動”。体の骨格を生かした回転運動を利用して走ると、体へのダメージを最小限に抑えられるだけでなく、効率よくスピードを生み出すことができるのです。

目次

Prologue 「疲れる」「故障する」「伸び悩む」には理由がある!
1 自分の体に合った走り方をマスターするそれが3軸ランニングだ!
2 「軸」チェック&3軸ランニングを徹底解説!
3 自分に合った軸で走るだけでランニングはこんなにも変わる
4 3軸ランニングを完成させるトレーニングプログラム
5 痛みを感じたときにも3軸ランニングは役に立つ
6 3軸ランニングはマラソンでこそ真価を発揮する

著者等紹介

鈴木清和[スズキキヨカズ]
スポーツマイスターズコア代表。駒澤大学駅伝部出身。ACAF認定アスレチックトレーナー。現役時代にランニング障害に悩まされ、スポーツトレーナーや治療院、スポーツ医科学センターなどを経て、痛みの原因と理想の走りを究明。現在はランニング障害専門のランニングクリニック・SMC(スポーツマイスターズコア)を運営しながら、テレビや雑誌などのメディア出演、イベント運営なども精力的に行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

走り方には3つの正解があった!幅広い層のランナーが体験!記録が伸びたランナー続出!体の専門家による新しい運動理論!

「なぜ、ランナーはヒザが痛くなるのか?」それは自分にあった走り方を身につけていないから。正しい走り方のポイントは、「3つの軸」。体型、骨格、筋肉によって、走り方が変わってくるのです。本書では、その3つの軸=「ツイスト軸」「スイング軸」「ピストン軸」を徹底的に解説します。
あなたは何軸? かんたんチェック法を収録!
軸ごとのフォーム習得プログラムを収録!
体を計測したり、ちょっとした動作チェックを行うことで、自分が何軸なのかすぐにわかります。練習メニューもばっちり収録! 誰でも自分の走りが身に付きます。

プロローグ
「疲れる」「故障する」「やる気がなくなる」には理由がある!
PART1 3軸理論がわかれば、自分に合った走りがわかる!
PART2 3つの軸走法を知る
PART3 軸をつくるだけで走りはこんなにも変わる
PART4 3軸ランニングを完成させる練習プログラム
PART5 こんな症状が出てきたら
PART6 3軸ランニングはフルマラソンでこそ
真価を発揮する

【著者紹介】
駒澤大学駅伝部出身。現役時代にランニング障害に悩まされ、スポーツトレーナーや治療院、医科学センターなどを経て、痛みの原因と理想の走りを究明する。現在はランニング障害専門のクリニック、SMC(スポーツマイスターズコア)を運営しながら、テレビや雑誌などのメディア出演、イベント運営なども精力的に行っている。