最新版 運転の認知機能を鍛える本 (最新版)

個数:

最新版 運転の認知機能を鍛える本 (最新版)

  • ウェブストアに105冊在庫がございます。(2022年07月02日 02時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 128p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784262160450
  • NDC分類 537.8
  • Cコード C2076

出版社内容情報

75歳以上の方の運転免許更新時に義務付けられている「認知機能検査」の内容が、令和4年5月13日から変わりました。本書はその変更内容にしっかり対応した、最新版です。具体的には、これまでの時計描画の出題がなくなり、「見当識」→「手がかり解答」→「時計描画」の順だった出題が、「手がかり解答」→「見当識」の順になりました。この検査で認知症の疑いがあると判断された場合、医師の診断を経て、免許返納をすることになります。車が生活の足として欠かせないエリアの方にとって、運転の認知機能を高めることは、必須といえます。また、認知機能の向上は、車の運転ばかりでなく、よりよい人生を長く過ごすためにも欠かせないものです。本書は、この運転認知機能を鍛えるために、認知症の専門医による安全運転を続けるための日常のトレーニング、認知機能を底上げする書き込み式の問題で構成してあります。問題形式は「認知機能検査」と同じもの。イラスト内容と出題順番を独自に編集し、よりわかりやすく工夫しています。
*本書は、2019年1月に当社より刊行された『運転の認知機能を鍛える本』の内容を、2022年5月からの認知機能検査の内容変更に基づき一部加筆・修正したものです。

内容説明

75歳からの認知機能検査が5分でわかる。問題を多数収録!本番に自信がつく!令和4年5月~検査内容の変更に対応!

目次

認知機能を鍛える練習・実践問題
認知機能検査模擬テスト

著者等紹介

広川慶裕[ヒロカワヨシヒロ]
精神保健指定医、日本精神神経学会精神科専門医・指導医、日本医師会認定産業医。1955年、大阪府で生まれる。1984年、京都大学医学部卒。麻酔科専門医・指導医を経て、精神科に転科。以後、認知症やうつ病などの精神疾患治療に専念し、数多くの臨床経験を持つ。さまざまな医療機関で要職を歴任したのち、2014年に認知症予防の専門クリニック「ひろかわクリニック」(京都/宇治市)と「脳と心の健康 品川駅前MCI相談室」(東京/品川)を開設。認知症の早期発見と早期治療に取り組み、認知症予防のトータルメソッド『認トレ』を創設(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。