マンガでわかるやさしい統計学

個数:

マンガでわかるやさしい統計学

  • ウェブストアに58冊在庫がございます。(2017年10月24日 00時12分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 224p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784262155609
  • NDC分類 417
  • Cコード C2033

内容説明

統計学の基礎知識が暮らしや仕事の質を変える。情報の整理ができる。数式の読み方がわかる。Excelが活用できる。議論の質が変わる。プレゼン能力が上がる。挫折した人もはじめての人も最後まで読めるように“オススメの順番”で解説。

目次

第1章 統計学の入り口(所得金額をさまざまな視点で見る;統計学は社会の課題解決の手法;平均値はいろいろな“真ん中”のひとつ ほか)
第2章 多変量解析の入り口(2種類のデータを散布図と相関で分析しよう;散布図で相関を“見える化”する;ニセモノの相関に注意! ほか)
第3章 確率を用いた統計学の入り口(広告デザインはA案・B案どっちがいい?;「推測統計学」とは何か?;アンケートの結果を「検定」で裏づけする ほか)

著者紹介

小林克彦[コバヤシカツヒコ]
大人のための数学教室「和(なごみ)」講師。1983年大阪生まれ。東京大学工学部応用化学科卒、同大学院総合文化研究科広域科学専攻修士課程修了、同大学院副専攻科学技術インタープリター養成プログラム修了。2016年度の東京レインボープライドボランティア統括部門長を務めるなど社会貢献活動にも積極的に関わっている

[トモ]
漫画家・イラストレーター。主にゲーム・アニメを題材にしたアンソロジーに参加(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

“入門書を読んでもわからない人のための統計学の本”!
業種問わずデータばかりが溜まっていく現代。

データ分析のニーズが高まっていますが、統計学の敷居は高く、挫折する人が多くいます。
本書では、多くの初学者を開眼させてきた「大人のための数学教室 和(なごみ)」の人気講師、
小林克彦氏を監修に迎え、とにかくやさしく解説します。

「数学や統計学を道具として使う!」「面倒な計算はExcelで!」
この二つが基本方針。数学への苦手意識がなくなり、
誰でもデータ分析ができるようになります。

◆監修者より(はじめにより抜粋)
統計学とは、難解な数学なのでしょうか?
それとも、何でもわかる魔法のようなものなのでしょうか?

本書で学ぶ統計学は、どちらでもなく「便利なツール」
「ものごとを整理・判断するための技術」です。

統計学を「わかる」「使う」ための学びには
〝オススメの順番〟があります。

本書の特徴は、実際に統計学を「わかる」「使う」上で
押さえておきたいポイントをクリアしながら、
流れを止めることなく最後まで「読める」点です。