30日のドリル式 実践「お題別」俳句の練習帳

個数:

30日のドリル式 実践「お題別」俳句の練習帳

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年07月18日 02時18分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 176p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784262145938
  • NDC分類 911.307
  • Cコード C2092

内容説明

本書は、俳句に「何を詠むか」、素材や内容を提案する本です。一朝一夕に「いかに詠むか」、技術を身につけるのは大変です。でも、素材選びやものの見方を工夫すれば、俳句を作って間もない人も、名句を生み出すことができます。俳句を始めたばかりの人。基本はわかったけれど、なかなか発想が浮かばない人。季語にどうオリジナリティを加えればいいか、歳時記の前で立ち尽くしている人。本書の30日のドリルと解説が、小さな詩型で「何を詠むか」悩んでいる人の案内板になれば幸いです。(著者)

目次

ふるさと―なつかしさを具体的に語る
父母―型にはめず、あなたの父母を詠む
青春―感慨にひたらずリアルを求めよ
時事―単なる批判にしないで問いかける
旅―観光パンフレットにない風景を
人生―人生訓に陥らない季語選びを
手紙―文面よりも「書く」「読む」行為を
桜―イメージの塗り替えが大切
月―映す/映るといわない
雪―イメージを定めてから詠む〔ほか〕

著者等紹介

神野紗希[コウノサキ]
1983年生まれ。俳人。愛媛県松山市出身。高校時代、俳句甲子園をきっかけに俳句を始める。2002年、第一回芝不器男俳句新人賞坪内稔典奨励賞受賞。2004年から6年間、NHK‐BS「俳句王国」司会。2013年度NHK‐Eテレ初心者向け俳句番組「俳句さく咲く!」選者。明治大学・玉川大学・聖心女子大学講師。現代俳句協会青年部長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

脱・マンネリ!「俳句らしさ」にとらわれず、自分の体験を通して、具体的に詠むことが上達の秘訣!本書は、俳句に「何を詠むか」、素材や内容を提案する本です。素材選びやものの見方を工夫すれば、俳句を作って間もない人も、名句を生み出すことができます。
作品のバリエーションが広がるように、ふるさと、桜、月、雪、動物、恋愛、宇宙など幅広いテーマを取り上げました。
魅力ある句を作るためには、俳句らしく作ろう、桜らしく詠もう……としないこと。「らしさ」にとらわれると、句は平凡になり、人の心に響くものにはなりません。
打開策は、「らしく」作ろうとせず、自分の体験に即して、具体的に詠むこと。本書では、そのための言葉選びや表現のしかたについて、穴埋め問題、添削例、NG例などを紹介しながら、実践的でわかりやすい内容となっています。

はじめに
お題別通季の言葉
時間と俳句

【30日のドリル】
1日目 ふるさと―なつかしさを具体的に語る
2日目 父母―型にはめず、あなたの父母を詠む
3日目 青春―感慨にひたらずリアルを求めよ
4日目 時事―単なる批判にしないで問いかける
5日目 旅―観光パンフレットにない風景を
6日目 人生―人生訓に陥らない季語選びを
7日目 手紙―文面よりも「書く」「読む」行為を
8日目 桜―イメージの塗り替えが大切
9日目 月―映す/移るといわない
10日目 雪―イメージを定めてから詠む
11日目 草木―三百六十五日の姿を詠む
12日目 花・果物―個性をつかむ
13日目 動物―ペットとの日向ぼっこには注意
14日目 鳥―自由と人生の象徴
15日目 虫―醜いものは美しく、美しいものは淡々と
16日目 恋愛―独りよがりにならない
17日目 仕事―日常こそ俳句の源
18日目 料理―味わい、文化、人生の小道具
19日目 家事―季節を感じる定点観測
20日目 子ども―守るべき存在という常識に捉われない
21日目 ファッション―暑さ、寒さを衣服に託す
22日目 歴史―昔の出来事を今起きているように
23日目 病気―感情よりも場面を詠む
24日目 死―臨終、墓、忌日を詠む
25日目 正月―日常のものが新鮮に映る
26日目 天気 気持ちを託す心の鏡
27日目 宇宙―現代ならではの知識と感覚の融合
28日目 大景―遠近法を取り入れる
29日目 友―比較対象、身近な他者
30日目 私―俳句らしさより私らしさを

使いやすい季語一覧
季語いろいろ ?上五下五に迷ったら、プレーンな季語 ?嬉しい、寂しいを代弁する季語 ?真面目さを中和する食の季語 ?番外編:俳句NGワード集

神野 紗希[コウノ サキ]
著・文・その他