マンガでわかる 自律神経を整える習慣・運動・メンタル

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

マンガでわかる 自律神経を整える習慣・運動・メンタル

  • 提携先に8冊在庫がございます。(2019年01月22日 03時08分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 159p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784262123615
  • NDC分類 498.3
  • Cコード C2030

内容説明

血流をよくし、体が健康になり、心も安定する、小林式・自律神経整えメソッド、大公開!かんたんにできて、効果抜群!気軽に取り組んで、健康を取り戻そう!

目次

第1章 ココロとカラダは自律神経に支配されている?(マンガ 自律神経は「ライフライン」;基礎知識 24時間フル稼働?自律神経ってなに? ほか)
第2章 自律神経チェック!こんなトラブルありませんか?(マンガ こんなときは自律神経が乱れている?;基礎知識 症状別!自律神経チェック ほか)
第3章 自律神経は生活習慣で整える(マンガ 生活習慣が自律神経に影響する;生活習慣のコツ 不規則な生活が自律神経を乱すワケ ほか)
第4章 自律神経は運動で整える(マンガ たった1分で気分爽快!1分体操;運動 運動が自律神経を整える理由 ほか)
第5章 自律神経はココロで整える(マンガ 自律神経はココロとも関係している;メンタル ストレスが自律神経に与える影響とは? ほか)

著者等紹介

小林弘幸[コバヤシヒロユキ]
順天堂大学医学部教授。日本体育協会公認スポーツドクター。1960年、埼玉県生まれ。1987年、順天堂大学医学部卒業。1992年、同大学大学院医学研究科修了。ロンドン大学付属英国王立小児病院、アイルランド国立小児病院外科での勤務を経て、順天堂大学小児外科講師・助教授を歴任する。自律神経研究の第一人者として、プロスポーツ選手、アーティスト、文化人へのコンディショニング、パフォーマンス向上指導に関わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

実践的・具体的な自律神経の整え方とは? 小林教授の「生活習慣」「運動」「ココロ」へのアプローチ法を、マンガで楽しく紹介!近年、さまざまな体調不良の原因として注目される、自律神経。
本書は自律神経研究の第一人者である小林弘幸教授による、「自律神経の実践的な整え方法」をマンガでわかりやすく紹介した1冊です。
まずは「生活習慣」からのアプローチ。自律神経の乱れには不規則な生活が原因となるのは当然ですが、では「最高の一日」とはどんな過ごし方をした一日か? 「良い睡眠」とはどうすれば得られるのか? 自律神経に多大な影響を及ぼすといわれる「腸内環境」とのつきあい方は? などについて解説します。
つぎに「運動」からのアプローチ。じつは過度の運動はストレスとなり、自律神経によくありません。本書では軽く行える「1分体操」と、「小林式スクワット」を紹介します。
さいごに「ココロ」からのアプローチ。ストレスを軽減するためのキーワードは、「想定内を増やす」こと。これはどういうことなのか、どうすれば増えるのか、さらに心を整えるルーティンワークなど、メンタルに作用するアプローチ法を詳しく紹介します。
自律神経を整える具体的な方法をマンガで楽しく知って、ココロもカラダもスッキリ軽くなりましょう!

第1章 ココロとカラダは自律神経に支配されている?
第2章 自律神経チェック! こんなトラブルありませんか?
第3章 自律神経は生活習慣で整える
第4章 自律神経は運動で整える
第5章 自律神経はココロで整える

小林 弘幸[コバヤシ ヒロユキ]
監修