自宅でない在宅 - 高齢者の生活空間論

個数:

自宅でない在宅 - 高齢者の生活空間論

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月18日 07時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 146p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784260332910
  • NDC分類 369.26
  • Cコード C3047

出版社内容情報

《内容》 個室化,ユニットケア,グループホーム……。これらの制度的変化は,高齢者領域のみならず,あらゆるケア領域を揺るがす大規模な「ケアのパラダイム変換」を招くだろう。それはケア提供者に何をもらたすのか。「施設か在宅か」という硬直した二分法を切り裂いた著者の,まったく新しい空間的ケア論。    

《目次》
プロローグ
I 地域と施設の生活の「落差」
 1 3つの苦難
 2 さまざまな落差
II 落差を埋めるための「思考」
 1 個人的領域の形成
 2 実証的「個室批判」批判
 3 中間領域の重要性
III 落差を埋めるための「実践」
 1 ユニットケア
 2 グループホーム
 3 協働生活型高齢者居住
エピローグ
インタビュー
参考文献
写真提供者一覧
追悼 あとがきに代えて(三浦 研)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たません

2
2003年に発行されたということで、認知症が痴呆と表現されるなど若干の古さはあるが、高齢者施設の在り方を問う面白い一冊。誰もが自宅で過ごせるとは限らず、施設の方が安心するといった面からも終の棲家として施設の役割は大きい。しかし、やはり地域で普通に生活するのとは乖離した空間であることを改めて考えさせられた。個人の尊厳を尊重すると謳っていても自分らしい生活ができないのであれば意味がない。我慢も必要だろうが自分が自分であるための最低限は譲れない。心地の良い施設の設立を切に願う。2019/12/04

okatake

0
高齢者ケア住宅建築の第一人者の最期の著作。もっと前に出会いたかった書。そして、大変若くして亡くなったのはとても残念です。 高齢者ケアという一つをとってもあらゆる面からアプローチ出来ます。他覚的な見方が出来れば、自分の幅も広がってくるかもしれない。初期の著作も読んでいきたいと思います。2013/12/17

ayk

0
ユニット型の第一人者。建築家として憧れです。2013/10/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/419833

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。