DVと虐待―「家族の暴力」に援助者ができること

個数:

DVと虐待―「家族の暴力」に援助者ができること

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2019年05月26日 11時57分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 190p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784260331838
  • NDC分類 367.2
  • Cコード C3047

目次

1 家族の暴力
2 エピソードにみる被害者―当事者性とはなんだろうか
3 こう介入する
4 暴力を解くキーワード
5 援助者側の問題―わたしたちは何に縛られているのか

著者等紹介

信田さよ子[ノブタサヨコ]
1946年岐阜県生まれ。1969年お茶の水女子大学文学部哲学科卒業。1973年お茶の水女子大学大学院修士課程終了(児童学専攻)。駒木野病院勤務、嗜癖問題臨床研究所(CIAP)付属原宿相談室長を経て、1995年12月に原宿カウンセリングセンターを開設、所長として現在にいたる。臨床心理士
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

《内容》 なぜ虐待された子は親を慕い,殴られた妻は夫のもとに戻るのか--この「当事者性の不在」という“謎”解きから始めない限り,援助者は家族の暴力に太刀打ちできない。「味方になる」「第三者を登場させる」「数と時間の効果」等の魅力的な概念を駆使して贈る,まったく新しいアプローチの数々。    

《目次》
I 家族の暴力
 前提(1) 「家庭内暴力」
 前提(2) 児童虐待
 前提(3) ドメスティック・バイオレンス
II エピソードにみる被害者-当事者性とはなんだろうか
 事例(1) 鼻の曲がったA子さん
 事例(2) 日本刀を振り回す夫から逃げられないB子さん
 事例(3) 長男に連れられてきたC子さん
III こう介入する
 介入(1) 介入は正当だ
 介入(2) 介入の基本
 介入(3) 被害者への介入方法-DVを中心に
 介入(4) 加害者への介入方法-虐待を中心に
 介入(5) これだけは覚えておきたい七箇条
IV 暴力を解くキーワード
 キーワード(1) 「1人」はあぶない
 キーワード(2) 「2人」もあぶない
 キーワード(3) 「第3者」を登場させる
 キーワード(4) 「仲間」をつくろう
V 援助者側の問題-わたしたちは何に縛られているのか
 転換(1) 中立はない
 転換(2) プライバシーは被害者を守らない
 転換(3) 家族は暴力と支配に満ちている