縛らない看護

個数:

縛らない看護

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月21日 08時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 269p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784260330176
  • NDC分類 492.931
  • Cコード C3047

出版社内容情報

《内容》 「抑制」をしない,そこから「看護」がはじまる。抑制廃止運動が各地で 巻き起こり,厚生省令でも身体拘束が禁止された。いま問題は「どうすれば抑制をなくすことができるか」だ。本書は抑制が抑制を生むメカニズムを明らかにしつつ,患者・看護者双方が“自由になれる”抑制はずしのノウハウを具体的に示す。「縛らないですむ方法を考えることが看護そのものだった」と気づいた看護者は元気になれる。    《目次》 序章 縛られているのは誰か 1章 実践!縛らない看護 2章 こうすれば抑制はいらない 3章 看護管理者としてどう取り組むべきか 4章 老人を看るということ 5章 日本の老人医療 この20年 6章 海外「抑制」事情 7章 抑制クロストーク 他

目次

序章 縛られているのは誰か
第1章 実践!縛らない看護
第2章 こうすれば抑制はいらない
第3章 看護管理者としてどう取り組むべきか
第4章 老人を看るということ
第5章 日本の老人医療この20年―「縛りづけ医療」から「グループホームケア」へ
第6章 海外「抑制」事情―文献からみた抑制フリー
第7章 抑制クロストーク
終章 「縛る」と言うことからはじめた

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Harukasaki.

7
「抑制」をしない。そこから「看護」がはじまる。-こう言ってはなんだけど、すごく面白いです。行動しないと何も変えられないということが良く分かる。田中とも江さんとはなんてすごい人なんだろう、この行動力はすごい。p22にある、起きる・食べる・排泄・清潔・アクティビティの五つが人間にとって本当に大切だと分かりました。2015/07/17

のうえ

1
20050311

Tsukasa Oohara

1
縛らない。チームとしての覚悟。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/349342
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。