脳性まひ児の早期治療 (第2版)

個数:

脳性まひ児の早期治療 (第2版)

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 378p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784260244190
  • NDC分類 493.937
  • Cコード C3047

内容説明

本書は、「発達障害をもつ子どもと家族の自立生活を支援するための療育」の実現を目指している。長期にわたり適切な援助を行い、発達障害児とその家族の「生命・生活・人生の質」に貢献し、新しい療育文化を創造することが療育関係者の使命だと強調されている。

目次

脳性まひの歴史と定義と分類
脳性まひの病因と疫学の変遷―極低出生体重児の生存率の向上による影響
乳幼児の診断的アプローチ
障害をもちながら成長する子どもの生活管理と治療計画
臨床実践の現在までの歴史的経緯
乳児の臨床評価
書面での評価、治療計画、介入戦略
治療の実施、再評価、記録
評価と治療計画―ケーススタディ
脳性まひにおける研究―過去そして現在
治療結果の科学的根拠表と文献考察
脳性まひの未来への展望

著者等紹介

Scherzer,Alfred L.[SCHERZER,ALFRED L.][Scherzer,Alfred L.]
New YorkにあるCornell大学医学部の小児科学臨床名誉教授であり、同時にNew York州立大学の臨床予防医学部教授の要職にある。現在、小児リハビリテーションセンターの所長と発達小児科医として開業活動も行っている。70以上の出版物の著者および共同著者でもある。さまざまな専門領域の協会活動も積極的に務めているが、特筆すべきものとしては、全米小児科学会名誉会員、全米脳性まひおよび発達医学学会の前会長がある。Columbia大学の医学博士だけではなく、公衆衛生学、社会学および教育学の資格も取得している

今川忠男[イマガワタダオ]
旭川児童院副院長・理学療法士
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

《内容》 脳性まひ児の能力と障害について系統だった評価を行い,適切な早期治療プログラムを立案し,実施していくための教科書として高い評価を得てきた書の改訂版。今改訂では,医学の側面を解説した章,障害モデル,Evidence-based Intervention,家族支援,治療効果の判定などの新しい項目を追加。「世界標準」を知る手がかりとなる教科書。年齢に対応した療育支援の視点からまとめられている。    

《目次》
1. 脳性まひの歴史と定義と分類
2. 脳性まひの病因と疫学の変遷-極低出生体重児の生存率の向上による影響
3. 乳幼児の診断的アプローチ
4. 障害をもちながら成長する子どもの生活管理と治療計画
5. 臨床実践の現在までの歴史的経緯
6. 乳児の臨床評価
7. 書面での評価,治療計画,介入戦略
8. 治療の実施,再評価,記録
9. 評価と治療計画-ケーススタディ
10. 脳性まひにおける研究-過去そして現在
11. 治療結果の科学的根拠表と文献考察
12. 脳性まひの未来への展望
索引