総合診療ブックス<br> はじめての漢方診療 十五話

個数:
  • ポイントキャンペーン

総合診療ブックス
はじめての漢方診療 十五話

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月09日 07時43分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 286p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784260106757
  • NDC分類 490.9

目次

一般外来で漢方診療を始めるとき
これが漢方診療の実際だ
漢方診断の出発点―陰と陽
太陽病を究める
太陽病から少陽病へ―小柴胡湯をマスターする
柴胡剤の鑑別と運用のコツ―小柴胡湯と比較して
3つの瀉心湯とその類方
漢方診療の実際を学ぶ
〓(お)血―血の異常を理解する
陽明病とその治療
陰証期のはじまり―太陰病を理解する
陰証期とその治療
水毒―水の異常を学ぶ
気の異常を理解する
証の変化と方剤の運用

出版社内容情報

《内容》 著者が日常診療で実践している漢方の理論と方法をできるだけ脚色なしに伝える本。教科書とは異なり、日常診療に役立つように、また知識が身につくように十五話にまとめている。一般医が漢方を始める際の便宜を考慮し、本文の主な方剤と使用目標を巻末付録とし、さらに腹診の実際をDVDに収め活用できるのも大きな特色である。    

《目次》
序章 一般外来で漢方診療を始めるとき
第一話 これが漢方診療の実際だ
 レクチャー 漢方医学の歴史と基礎知識
 レクチャー 生薬(煎じ薬)の使用の実際
第二話 漢方診断の出発点-陰と陽
 レクチャー 証とは漢方医学的診断のことである-陰と陽ふたたび
第三話 太陽病を究める
 レクチャー かぜ症候群を例に,太陽病をマスターする
 レクチャー 太陽病の漢方製剤を効かせるコツ
        -服用のしかたと養生について
第四話 太陽病から少陽病へ-小柴胡湯をマスターする
 レクチャー 少陽病の診断に役立つ腹診の基本を学ぶ
第五話 柴胡剤の鑑別と運用のコツ-小柴胡湯と比較して
第六話 3つの瀉心湯とその類方
第七話 漢方診療の実際を学ぶ
第八話 於血-血の異常を理解する
 レクチャー 桂枝茯苓丸と当帰芍薬散
 レクチャー その他の臨床に役立つ駆於血剤と運用の実際
第九話 陽明病とその治療
第十話 陰証期のはじまり-太陰病を理解する
第十一話 陰証期とその治療
第十二話 水毒-水の異常を学ぶ(1)
第十三話 水毒-水の異常を学ぶ(2)
第十四話 気の異常を理解する
第十五話 証の変化と方剤の運用
付録
 漢方診療の処方一覧
 DVD 腹診の実際を学ぶ
 索引