地域医療と暮らしのゆくえ - 超高齢社会をともに生きる

個数:

地域医療と暮らしのゆくえ - 超高齢社会をともに生きる

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2022年07月02日 14時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 169p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784260028196
  • NDC分類 498.021
  • Cコード C3047

出版社内容情報

世界の貧困・紛争をテーマにさすらった若者が、医師となって、
佐久で若月俊一の魂に出会った。沖縄にあっても地域医療の前線にあり、時に霞が関のミッションを帯びて奔走し、どの現場でも汗を掻き続けるその目に「地域包括ケアシステム」の実像はどう映るのか。この国のかたちをどう模索しているのか。診療の傍ら多方面に発信する著者による、現代に老い病むひとを支えたいすべての医療者に捧げる提言の書。

高山 義浩[タカヤマ ヨシヒロ]

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

つなぐ

1
著者は何だか分かりづらいの地域包括ケアなんてお国の政策を頼りにせず、地域の側から、どんどん疾患をもつ高齢者を受け入れられる社会環境を作っていったら良いのではと提案してます。現実的にここまで高齢者が増えてくると、健康な高齢者が互いに病気を予防する活動をしたり、疾患をもつ高齢者を同じ地域に住む健康な高齢者が助けたりする地域活動をすることを目指すしかないと思うのです。医療者は介護必要度をなるべく上げないように地域に返す努力しかできませんよね。私的には結局は当の高齢者が自分達で立ち上がって何とかしたしたらと2017/06/17

ロッティット

1
超高齢化社会の中で如何に地域と連携した医療を実現するのか。また、根源的な問いとして医療の目的とは何なのかについて現場で葛藤する著者。本書は医療の現場を知らない層に対して多くの気づきを与えてくれる。それは必ずしも解決策ではなく、絶望感に近い一面も含まれるが、どこかほっとする安心感のようなものに近い。時折参考ケースとして挟まれるタイの先進的な地域医療についても興味深く読んだ。日本人が今後の医療のあり方を主体的に決め、かつ関与していく時代に突入していることを教えてくれる著作。2016/12/30

あおい

0
2025年問題や胃ろう問題の本質をうまく掴んでいる。寝たきり老人にならないで死ぬのを選ぶ人間がこの国に何人いるんだろう。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11214799

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。